医療法人社団 和田医院

肛門科,胃腸科,皮膚科,泌尿器科

〒260-0018 千葉県千葉市中央区院内2-15-7
TEL 043-227-0361

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

予防接種

季節性インフルエンザ予防接種のおすすめ

平成29年度:インフルエンザは毎年、冬になると流行する悪性のカゼです。
カゼの原因となるウィルスはいろいろありますが、特にインフルエンザはインフルエンザウイルス感染症と呼ばれ、感染力が強いため他のカゼとは区別して考えられています。
インフルエンザに感染して発病すると、急激な発熱、悪寒、全身倦怠感、咳、鼻水、咽頭痛、頭痛等いろいろな症状がでます。
また重症化して、肺炎、心筋炎、脳症等を併発し、高齢者、若年者を中心に毎年400人~600人が亡くなっています。

予防接種について
接種の回数 成人は、1回行います。(重い持病がある方、小児は2回接種です)
接種の時期 インフルエンザの一般的な流行期間は12月初旬~3月末です。
接種して5~10日で免疫が できあがり、約4~5ヶ月持続します。
(10月末から11月末に接種するのが最も効果的と思われます)
対象 当院では6才以上を対象といたします。6才未満の方で、接種を希望される場合は小児科でご相談下さい。ご高齢の方、受験生は特に受けておかれることをお勧めいたします。
予防接種の有効性 65才以上の高齢者では予防接種をしておけば、インフルエンザに罹っても35~55%は症状が出なくて済み、死亡した方の約80%は死亡せずに済んだと言われています。
副反応 注射部位の発赤、腫脹、疼痛など、全身反応として発熱、悪寒、頭痛、倦怠感等がありますが、通常2~3日で消失します。しかし、年間に10人以下の重症な副反応が出るとされています。
費用 1回3,800円です。
公費負担の対象の方は1,800円です。
その他 ワクチン接種をしたのにカゼをひいてしまった。という話を良く聞きます。
「カゼ」をおこす ウイルスは沢山あり、予防接種は、A型インフルエンザ2種類、B型2種類の4種類に対して行っているものですから、他のウイルスによってカゼになることはあり得るわけです。
また、ワクチン接種を受けた方でもインフルエンザに罹ることがあります。(ワクチンの効果は約80%といわれています)
但し、この場合は軽い症状で済みます。
接種を受けられない方へ これまでに、インフルエンザワクチンの接種を受けて、具合の悪くなられたことのある方、卵の強いアレルギーのある方は、妊婦さん、又は妊娠の可能性のある方は接種できません。